レザーアイテムで春を飾り、夏に繋げる!

レザーアイテムはモテアイテムとして様々な種類がありますが、春・夏のレザーの上手な使い方についてご紹介します。

春先ファッションとしてはあまり着られていませんが、暖色系のレザージャケットがとてもかっこいいです。

レザージャケットというと秋ファッションの定番アイテムとして定着しつつありますが、春ファッションとしても十分に活躍できるアイテムです。

暖色系のレザージャケットであれば、インナーに淡色を合わせやすいですし、カーゴパンツやデニム、スキニーとの相性も抜群です。

足元はローファーやスニーカーでもキメることができるため、周囲のジャケットやカーディガン、コーディガン等のアウターが増える中で差別化を図ることができます。

ファッションは周囲といかに差別化を図るかが大切なので、その点でもレザージャケットはとても効果が高いアイテムと言えます。

さらにレザーの特徴はその材質で使えば使うほどに味が出るのです。
冬に使い込んで味が出たまさに絶好のタイミングである春先に取り入れることでとてもおしゃれにキメることができます。

次に、レザーと合わせるものと言えばやはりレザー。
レザーブレスはモテコーデに必須のアイテムと言えます。

一概にレザーブレスと言っても様々な種類があります。
金属プレートが埋め込まれているもの、幅が厚めに仕上がっているガッチリしたもの、1本巻のものであったり、2連・3連とするもの等、様々なものがあります。

レザーブレスもレザージャケット同様に使い込むほどに味が出てくるため、購入してすぐに使うと少しキレイめに移りすぎてしまう傾向にあります。

レザー特有の硬さもあるので、柔らかさが出るまでしばらく身につけたり、柔らかくしたりして使用したほうがコーディネートにフィットします。

夏は特に身につけるアイテムの数がかなり減るので、1点味のあるアクセサリーを持っておくととても便利です。

腕時計と同じ場所にレザーブレスをつけてもいいですし、反対側の腕に巻き付けてもOKです。
ファッションコーデにもよるので、余裕のある方は2点、3点と違う印象を与えられるレザーブレスレッドを入手しておくとコーディネートに広がりを持たせることができるようになります。

また、レザー調のアイテムは合皮との相性もいいですし、デニムにもしっくりと馴染みます。

おとなし系のファッションを目指す方には不向きですが、カジュアルコーデにもレザーブレスはぴったりフィットします。

夏のサーフ系のアクセサリーにはもってこいですし、夏の焼けた肌によく馴染むという点からも絶対おすすめできる、ハズレのないアイテムであると言えます。

レザーアクセはネットショップでもかなり安価で手に入れることができるため、自信のない方は1点、まずは安いものでいいので身につけてみましょう。
レザーアクセのよさがきっと分かってもらえます。

さらにレザーのカラーにも複数あって、キャメル系(明るいブラウン)、通常のブラウン、ダークブラウン、ブラックなどの種類があります。

ホワイト系もかっこいいアイテムではありますが、汚れが目立つ傾向にあるため、なかなか難しいです。

ターコイズが付いているものがあったり、シンプルに金具部分がゴールド系になっていたりするものもあるので、好みと自分のファッションコーデを考えてチョイスするとよりいい買い物ができると思います。

レザーのがっちりした印象1つで、コーディネート全体を引き締めてスタイリッシュな仕上がりにすることができます。
これまでレザーアイテムを身に着けていなかった人も、一度試してみてください。
きっとこれまでのおしゃれにさらに磨きがかかり、納得のいくコーディネートが実現しますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です